沖縄もろみ酢ダイエットのお供に

ダイエットをしている人が利用している健康食品の一つに沖縄原産のもろみ酢があります。
沖縄もろみ酢は健康や美容を目的として利用される方が多く、多数の類似品が出回っていますが、その中でもダイエットをしている人が飲んでいる沖縄もろみ酢を紹介します。

 

しまのや琉球もろみ酢

  • もろみ酢の中では売上ナンバーワンと言われている大ヒット商品
  • 購入者1万人にアンケートをしたら95%の人が琉球もろみ酢に満足と回答
  • リピート注文率が93%
  • 初回限定キャンペーンで800円!送料も無料!
  • アミノ酸とクエン酸量が凄い!クエン酸は米酢の約280倍、アミノ酸は米酢の80倍

 

ダイエットをサポート琉球もろみ酢

琉球 もろみ酢 初回限定半額購入 送料無料

 

濃縮元氣もろみ酢

  • お茶屋の老舗が作った沖縄もろみ酢のサプリ
  • 黒酢を超すアミノ酸の含有量!アミノ酸が黒酢の64倍、クエン酸は米酢の410倍
  • 沖縄産の農薬を使わない長命草を使用(長命草は食物繊維、ビタミンA、B6、B2、鉄分、カルシウム、βカロチンなど栄養の宝庫)

濃縮沖縄産もろみ酢

『お茶村の濃縮元氣もろみ酢』アミノ酸量が凄い!

 

肥後すっぽんもろみ酢

  • 発売開始から累系販売数は75万袋突破
  • リピート率97%
  • 30日分無料でゲット!送料500円のみ負担でOK
  • スッポンと使ってアミノ酸の量が劇的に増加〜黒酢の約312倍
  • コラーゲン、ビタミンB6、カルシウム、亜鉛、ビタミンEなど健康のサポートをしてくれる成分が豊富に含んでます

すっぱんもろみ酢でダイエット

国産高級「肥後すっぽん」100%を粉砕配合。

黒酢の約312倍のアミノ酸がダイエットに燃えるあなたをサポート。

比べてみてください、このアミノ酸量!

☆今だけ630円☆

 

沖縄もろみ酢はダイエットに効果?

もろみ酢とは
もろみ酢は沖縄のお酒泡盛を作り出す段階でできるもろみ粕を原料として作られている飲料水です。沖縄ではかなり昔から滋養強壮や健康に良いものとしてもろみ粕はり利用されていたようです。そもそももろみ酢が製品化したのは石川酒造場という沖縄の会社で、もろみ粕を餌にしている豚は病気になりづらく肉質もよくなるという話を伝え聞いて、人間も飲めるようにと製品化したのが始まりだそうです。
沖縄のもろみ酢を買ったり飲んだりしている人は、何を目的にあるいはどういった効果を期待しているのか口コミ等で調べてみると、効果があるないのは別にしてまずはダイエット、そして疲労回復などを期待して利用しています。
沖縄もろみ酢に含まれている成分を見ればそういった効果を期待するのも理解できますね。ただし、実際にそういった効果効能があるのかはこの次に明らかにしたいと思います。

 

もろみ酢ダイエットに調整中

 

では、沖縄で作られているもろみ酢はダイエットや疲労回復の効果があるのでしょうか?
その前に、もろみ酢の成分を見ていきましょう。もろみ酢の主成分はクエン酸です。そして他にはアミノ酸も豊富に含まれています。
クエン酸は私たちの体でどのような働きを担っているのでしょうか。
昔から梅干しは疲れを取るという言い伝えがありますが、梅干しにはクエン酸がたっぷり含まれていますから、伝統的にクエン酸が疲労回復の効果があるということは知られていたのです。様々な研究が行われている現在でもクエン酸が疲労の回復を促す作用があることは科学的にも否定されていません。
肉体的な疲れは筋肉細胞がダメージを受けている状態で、そのダメージから回復するためにはアデノシン三リン酸(ATP)という化合物の働き必要です。アデノシン三リン酸を作り出す働きをATPサイクル別名クエン酸サイクルと言われています。ですからクエン酸は肉体的な疲労を回復させるために大切な役割を担っているのです。クエン酸は沖縄もろみ酢以外の食品としては梅干しやレモン、グレープフルーツに豊富に含まれています。
クエン酸を効率的に摂取するためにはビタミンB群と一緒に取ることで疲労回復のためのエネルギーを効率よく産出できます。
クエン酸とダイエットとの関係は、どうなのでしょうか。
実はこれまでの通説ではクエン酸とアミノ酸を摂取すればクエン酸サイクルというものが促されてその働きよって脂肪燃焼が促進されるのではないかと考えられていました。しかし、最近はそういった効果はあまり期待できないというのが研究で分かってきました。

 

続いて沖縄もろみ酢のもう一つの主成分であるアミノ酸の働きについて見ていきましょう。
アミノ酸は体内で様々な働きにかかわっています。アミノ酸はタンパク質の材料でもあります。
アミノ酸は体内で作られる非必須アミノ酸と体内では作り出すことができないので食べ物などから摂取しなければならない必須アミノ酸があります。
必須アミノ酸には9種類あって、それぞれに役割があります。
筋肉の生育を促進したり、血管を広げる、反射神経など神経系を支える働きがあるイソロイシン、肝機能を高めたり育毛を促す作用があるロイシン、筋肉を強くしたり修復する働きがあるバリン、成長を促進させ神経系の働きを補助したりヘモグロビンや白血球を作る働きにも関係しているヒスチジン、ウイルスや細菌を防御する抗体の構成成分となり免疫力アップに一役買っているリジン、セロトニンという物質が体内で不作すると睡眠障害や不安感などが増長されますがそのセロトニンの材料になっているのがトリプトファン、アレルギーの発生を抑えたり毒素や肝機能高めて老廃物の排除を促す働き持つメチオニン、痛みを和らげたりする効果があるので鎮痛剤やうつ病の緩和にも使われることがあるフェニルアラニン、人の成長を促進し、肝臓に脂肪が貯まるのを防ぐスレオニン、以上が必須アミノ酸の種類と主な働きを簡単にまとめてみました。

 

必須アミノ酸は体内で作ることができませんから、不足してくると体にいろいろと不都合ができてしまいますから、日頃から食生活を通して摂取する必要があるのですがアミノ酸をバランスよく摂取するのは実はなかなか難しいことであるともいえますから、アミノ酸のサプリメントや健康食品などを効果的に活用することも大切になるでしょう。そんなときにやはり沖縄もろみ酢のような自然の原料からできるものはおススメできる一品であると言えます。

 

もろみ酢とダイエットの関係ですが、沖縄もろみ酢に含まれているクエン酸やアミノ酸そのものにはダイエット効果はありませんが、クエン酸アミノ酸には人本来持っている基礎代謝をアップさせたり様々な機能を健康的に保つ作用がありますので、それが結果的にダイエットをサポートすることにつながることになるのではないでしょうか。

 

お酢とダイエットの関りについて 飲むタイミング

沖縄もろみ酢、黒酢、リンゴ酢などいろいろな種類のお酢が出回っています。
ダイエット生活をサポートしてくれるお酢なのですが、たくさんあってどのタイプを自分が選べばよいのかわからないのではないでしょうか。
中にはとりあえず安いものから試してみようという方も多いのではないでしょうか。

 

酢を口にすると酸っぱい味がしますがこれは酢酸で、酢酸のエネルギー消費効果やアミノ酸の脂肪分解効果などを見込んでダイエットのお供としてお酢が利用されるようなっています。
お酢をダイエット目的で飲む場合、1日15mlから30ml程度が良いと言われています。そして飲むタイミングは食前より食後がおススメです。これは酢には食欲を増進させる効果があるので、食前に飲むことで食べすぎをしないようにするという意味が込められているからです。

 

酢のツンくるような酸っぱい味が苦手だという方は、沖縄もろみ酢はツンとこないので飲みやすいと言われています。
アミノ酸の含有量が多いほどダイエットをサポートする効果も高いので、玄米酢や黒酢、沖縄もろみ酢などがおススメかと思います。

 

お酢にはたっぷりのアミノ酸が入っています。このようなアミノ酸には脂肪の合成を抑制し、脂肪細胞に脂肪を蓄積されづらくようにする役割を果たします。
この他には、酢酸はカラダの中に入り込むとクエン酸に変わって、「クエン酸サイクル」を盛んにして、脂肪をエネルギーとして次々に燃焼させることになります。
それに加えて、お酢は「アルカリ性食品」なので、飲んだらカラダがアルカリ性となって、腎臓はそれらのデータから水分を外に出すように反応することからむくみの改善にもつながります。

 

運動する前に飲んでみる

黒酢や沖縄もろみ酢をダイエットのお供に飲む場合は、運動する前に飲むことでよりよくダイエットのサポートができるのではないかと考えられています。
もろみ酢や黒酢の主成分であるクエン酸が体内にあるエネルギーを燃焼させて筋肉の活動を助けてくれます。また同様にたっぷりと含まれているアミノ酸も脂肪を燃焼する働きをサポートしてくれます。
このことにより代謝が促進されてよりダイエットのサポートができるようになるのではないでしょうか。
特にウォーキングやランニング、サイクリングなどの有酸素運動の前に沖縄もろみ酢や黒酢などのサプリメントを飲んでおくことでダイエットをより効果的にサポートしてくれることが期待できます。

ランニングと沖縄もろみ酢

 

更新履歴